教育訓練給付金制度を利用できる資格

教育訓練給付金制度の全容をどなたにも理解していただけるようにご紹介します!

初心者でもとりやすい医療系の資格で「将来対策」しませんか?

医療系の代表格の医療事務と介護事務

特に医療事務は、雑誌の広告欄に給付金に関係なく資格取得対策講座の一つとして記載されていたり、雑誌で「おすすめの資格特集」みたいなものが組まれるとたいてい紹介される資格なので、ご存知の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

また介護事務はこれからの高齢化社会で注目の資格。しかも40歳を超えれば、誰もが介護保険を払わなければならないので、個人的に興味があるという方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにしても安定の医療事務を選ぶか、注目の介護事務を選ぶのかはあなた次第。ただいずれの資格も初心者でも学びやすい内容になっているのが特徴。「何か将来役に立つ資格を取りたい」と漠然と考えていらっしゃる方におすすめの資格です。

安定の調剤薬局事務と歯科助手

皆さんは日本に歯科医院が何件あるか、ご存知ですか?日本歯科医師会によるとその数およそ7万件ほど。

実はこの数、家の近所のコンビニエンスストアよりも多いのです!数が多いということは、それだけ求人数があると考えられます。しかも歯科助手の資格は未経験でも取りやすいので、人気の資格です。

一方調剤薬局事務ですが、「調剤薬局の事務」と限られた範囲での事務になります。ですからこちらも、学ぶ範囲が絞られていて初心者でも取りやすい資格と言われています。

また調剤薬局事務も高齢化社会で需要が増えてきている資格です。こちらの資格も薬について勉強をするので、薬の知識が身に付いて公私ともに役に立つと評判。ぜひ給付金を利用して公私ともに将来性のある資格を取得したいとお考えの方におすすめです。


この記事をシェアする